ホーム出展企業高田織物株式会社

出展企業

ここから本文です。

高田織物株式会社

畳縁製造メーカー 髙田織物

髙田織物はどんな会社

1892年から織り続けられた伝統と進化に裏付けされた畳縁を製造しています。

畳縁とは、畳表の切り落としである巾部分を保護補強するための素材で、畳の角の摩耗を防ぎ、 畳を敷き合わせる際にできやすい隙間を”しめる”畳に不可欠  な素材です。 古くは奈良時代、身分の高い家や寺社の畳に別注の特殊織布が用いられたのが始まりで、 現在、素材は綿から合成繊維と変化し、軽くて丈夫、発色の良さを活かしながら織られています。

 

色のない世界に色を加え空間を彩る。

畳縁は、模様や色によって身分等を表す時代もありましたが、今では自由に選ぶことができます。素材も、綿糸や麻糸を蝋(ロウ)引きしブラシで磨き上げられた黒色または茶色の糸が使用されていましたが、 現在では化学繊維で織られたものが主流となり色数も豊富になりました。

 

MADE IN JAPANのもの作りは脈々と受け継がれている。

現在は、電子ジャガード搭載高速ニードル織機を導入し、畳縁を製造している。織機は新しくなったが、織りにこだわる精神は受け継がれ、伝統を守りながらも、新しい畳縁を生み出している。

 

 

岡山県倉敷市児島は畳縁生産高の約80%をを占めています。その中でも弊社は約40%~50%のシェアを持っていると考えております。

 

畳の端から モノづくりの中心へ

畳のフチに使われる畳縁は、一般的に畳に逢着されるものですが色・柄・素材が豊富な上に、軽くて耐久性がある素材であることから地元では小物作りの素材として使われてきました。 学生服や国産ジーンズの製造を中心とする”繊維のまち”として栄えてきた児島。 日本の伝統を足元から支えてきた畳縁に、高い縫製技術がかけ合わされて生まれた魅力をモダンなたたずまいの中からお届けしたく、直営ショップ「畳縁ファクトリーショップFLAT」をつくりました。

FLAT児島本店

 

FLAT倉敷美観地区店

 

文具と畳縁・・・結びつかない???

実は、最近「畳縁でマイ文具」等を作る方々がふえています。でもいきなりマイ文具は少し大変かなと思う方々に簡単な縁結びのリボンの作り方をお教えしますので、下記の動画を見て下さいね。

 

  ↓↓↓FALTオンライン・ショップに沢山の畳縁があります↓↓↓ 

                 https://flat-shop.net/

SNSアカウント

         倉敷児島にあります、畳べりファクトリーショップ FLAT公式アカウント

  Instagram FLAT児島本店   https://www.instagram.com/flatkojimaberi/

 

  倉敷美観地区にあります、畳縁ファクトリーショップ FLAT公式アカウント

  Instagram FLAT倉敷美観地区店  https://www.instagram.com/flat_kurashiki/

 

こんな商品もあるよ

もっと見たい方はこちらから →→→https://flat-shop.net/products/list?category_id=11

 

もっと見たい方はこちらから →→→ https://flat-shop.net/products/list?category_id=18

 

#FLATハンドメイドキャンペーン

詳しくはこちらから>>>>>

 

 

新製品紹介

やってみよう!楽しい体験動画

高田織物株式会社

所在地

岡山県倉敷市児島唐琴2-2-53

電話番号

086-477-7162

FAX番号

086-477-6620

メールアドレス

yoshi@ohmiyaberi.co.jp

ホームページ

https://flat-kojimaberi.com/

出展企業一覧

  大阪文具工業連盟

このページの先頭へ