ホーム新製品紹介mahoraノート(太細交互横罫)

新製品紹介

ここから本文です。

mahoraノート(太細交互横罫)

大栗紙工(株) 

mahoraノート(太細交互罫)は、5mm間隔で太い線と細い線が交互に印刷されています。線の太さの対比により

行が識別しやすくなっているのが最大の特徴です。

行の間に文字をおさめることが苦手な方にとっても、この太細交互罫なら罫線がしっかりガイドになります。

またアルファベットを書くとき、太い線の間には大文字を書き、太い線と細い線の間に小文字を書くといった

使い方もできます。

目が疲れにくいよう配慮された中紙(レモン、ラベンダー、ミントの3色)、さらにNo.やdateといった情報を

排除したシンプルな設計も大きな特徴です。

「勉強で使う」「仕事で使う」「メモで使う」など様々な用途や使う場所に対応できるよう、

セミB5,B6,A6,B7サイズの4種類のサイズ展開をしています。

ぜひあなたに合ったmahoraノートを選んでいただき、ノートの使いやすさを体感してください!

関連ワード

大栗紙工株式会社

出展企業を詳しく見る

新製品紹介一覧

  大阪文具工業連盟

このページの先頭へ