ホーム新製品紹介mahoraシート(太細交互横罫)

新製品紹介

ここから本文です。

mahoraシート(太細交互横罫)

大栗紙工(株) 

mahoraシート(太細交互罫)は、太い線と細い線が交互に印刷されています。線の太さの対比により

行が識別しやすくなっているのが最大の特徴です。太い線と細い線の間の幅は5mm、6mm、7mmの

3種類より選べます。

行の間に文字をおさめることが苦手な方にとってもこの太細交互罫なら罫線がしっかりガイドになります。

またアルファベットを書くとき、太い線の間には大文字を書き、太い線と細い線の間に小文字を書くといった

使い方もできます。

目が疲れにくいよう配慮された中紙(レモン、ラベンダー、ミントの3色)、さらにNo.やdateといった情報を

排除したシンプルな設計も大きな特徴です。

その時々で1枚1枚使いやすいように、1枚モノのA4サイズのシートになっています。

また、簡単パンチ穴ガイド付きだから、ファイリングするのもとっても簡単です。

必要な分だけサッと取り出すことができ、すらすら書くことができるmahoraシート。使いやすいですよ!

大栗紙工株式会社

出展企業を詳しく見る

新製品紹介一覧

  大阪文具工業連盟

このページの先頭へ